現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > フランク・ミュラーコピー
フランク・ミュラーコピー
ブランドスーパーコピー / 2016-11-07
フランク・ミュラーコピー   

だが企業としての急激な拡張のためにフランク自身が経営に関わらざるを得なくなった結果、組織内で不協和音が生じ、2003年にシルマケスとフランクとの確執が生じたが2006年に和解にこぎつけた。現在ではシルマケスがCEOとなり、開発チームを二つに分けることによりフランクが時計開発に専念できるようになっている。フランク・ミュラーコピー

特徴としては複雑時計の他に、アンティーク腕時計に用いられていた「ビザン数字」を用いた文字盤、曲線を帯びた樽型の「トノー・カーベックス」などの独創的なケースなどが挙げられる。この他に「ラウンド・ヴィンテージ」などのように古典的なブレゲ数字を用いた時計もラインアップしている。フランク・ミュラーコピー このように、アンティーク時計の修理で培った知識と技術に基づくデザインを自作に取り入れている。ただし、商品が非常に高額にもかかわらず、独立系であるために人員・部品に限りがあることを理由として並行輸入品のオーバーホールを認めないなどの問題が指摘されている。フランク・ミュラーコピー

現在では、iPhoneのケースや宝飾品の製作、日本における結婚式のプロデュース(フランク・ミュラー ウェディングデスク)なども行っている。