現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > PRADA 他社の買収と売却 プラダ男女差別事件
PRADA 他社の買収と売却 プラダ男女差別事件
ブランドスーパーコピー / 2018-06-23

PRADA   他社の買収と売却  プラダ男女差別事件

他社の買収と売却[編集]

1996年には、グッチ株を買収するが、1999年までにすべてLVMHに譲渡している。さらに、同年には「ヘルムート・ラング」(Helmut Lang) と「ジル・サンダー」を続けざまに買収したが、両社とも既に手放している。

1999年、LVMHと合弁会社を作り、経営難に陥っていたファッションブランド「フェンディ」を買収したものの、その経営を立て直すことができないまま、2001年、全株式をLVMHに売却した。プラダは、現在でもこの時の負債を抱えている。

2008年にはイギリスの靴メーカー・チャーチを買収した。

プラダ男女差別事件[編集]

プラダ男女差別事件はプラダの東京本社の職場で起きていたセクハラや男女差別が摘発されリナ・ボヴリースによって東京地裁に提訴された事件。事件は、世界メディアで数年に渡り大きく取り上げられた、国際連合人権高等弁務官事務所に報告した。2013年4月30日、国際連合人権高等弁務官事務所はボヴリースのカウンターレポートを公開し、2013年5月17日、国連経済社会理事会は、日本政府に対して、緊急に職場でのセクハラを違法にする新たな規制の導入を勧告した。[2][3]